Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水鳥

作詞・作曲:ささきあきひろ
    編曲:ザ・シテシヲマタズ


拡がる波紋を眺めている 
投げた小石は退屈しのぎ
明るい空に笑いかけている
緑に濡れたあのユーカリの樹

沈む夕日を待ち望んでいる
焦げた前髪 煙草の煙
いつの間にか消えてしまっている
水面の乱れ 僕の思いつき

「一体何時何処で下した決断が僕を連れてきたんだろう?」
「…知ったところで変わらぬ現在を見つめる勇気などあるのか?」

こんな事をするためだけに
あの町を出てきた訳じゃない
こんな事をするためだけに
あの時、あの人に、あの言葉
投げつけた訳じゃ無かったんだけどな

突然の敵襲に驚いて
飛び立った鳥達を追い駆けて
必要以上に水音をたて
誰が見ている訳でも無いのに

「一体今日どれだけの人が僕を思い出したのだろう?」
「…知ったところで安堵の溜め息を漏らせるはずが無いのに?」

こんな事をするためだけに
あの町を出てきた訳じゃない
こんな事をするためだけに
あの時、あの人に、あの言葉
投げつけた訳じゃ無かったんだけどな


僕達はただ息をして
そのうち息さえしなくなる
晴れた空の下にいて
雨の気配に怯えている
こんなにも世界は光っていたんだ
眩しさで目が眩む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。