Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

suicide girl

作詞・作曲:ささきあきひろ
    編曲:ザ・シテシヲマタズ


悲しみっていつかは晴れるかな?
知らない 知らない でも怖くはない
なんてくだらない人生
短い 短い でも生きていたい

止まない雨はないと知ってるのは君だけじゃないよ
だけど冷たいこの痛みを耐え切るのは一人じゃ無理かも

がんばれって簡単に言うなら
頂戴 頂戴 その説明書
読んでなんとかなるのなら
簡単 簡単 悩んでないよ

短い夜だなんて気づけるのは朝が来てから
夜の魔法で見えないんだ 明かりがなきゃ落っこちちゃうかも

「suicide girl」
明るい月の夜には 少し勇気がでるな
輝く星空さえ この手の中に抱え
明日の今頃には この宝石みたいな
煌きとなりそして 誰かの手の中に映り込む

泣き叫んで暴れてもみるけど
見えない 見えない 闇が重くて
ちょっと力を抜くだけで
大変 大変 崩れちゃうんだ

消えない痛みならいっそのことより強くなって
うまくバランスもとれずに諦めたらどっかいけるかも

「suicide girl」
絶望的に自分を 信じてみたこともある
ここにいるということに 意味があることを望み
可能性の輝きを 必死に追い求めてた
どんなに深い闇でも 切り開いていけると思ってた

…今ではナイフに反射した光しか
  照らしてくれるモノがないから

「今でも僕は覚えているよ
 あの時君が教えてくれた事
 確かに理想論かもしれないけれど
 すごく素敵な響きだったんだ」

「suicide girl」
昨日は一体誰が 星を抱えてたんだろう
明日は一体誰が 星を抱えてるんだろう
独りきりじゃないんだと 星が笑った気がして
何故か涙が流れて 星は濡れて煌いた
明るい月の夜には 少し勇気がでるな
輝く星空さえ この手の中に抱え
明日の今頃には この宝石みたいな
煌きとなりそして 誰かの手の中に映り込む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。